カート
|||
|||
●商品カテゴリー
|||
伝統的な方法で加工され色艶・形・材質が優れた京都府認定の「京銘竹」を使用。箸先が極細で料理が取りやすいお箸です。
極細箸 白竹・胡麻竹
880円(税込)
各オプションの詳細情報
購入数

極細箸 白竹・胡麻竹
880円(税込)
京都の職人が箸先をわずか約1.3mm角に仕上げた竹箸です。木材に比べて繊維が 強くしなやかな竹だからこそ可能となる極細のお箸は、高野竹工の製品です。魚の小骨やお米を一つ一つ取り上げられるのも特長です。京都で採れた竹の中でも、伝統的な方法で加工され色艶・形・材質が優れた京都府認定の「京銘竹」を使用しています。

◆素材: 竹
・白 竹:京都独特の火あぶりによって、油抜きされた光沢の美しい銘竹
・胡麻竹:立ち枯れて表面にゴマのような黒い小さな粒が生じた銘竹
◆サイズ(約) : 長さ22.5
◆重量(約) : 6g
◆食洗機使用不可
※水洗い後、水分をふきあげて 乾燥させてください。
※自然素材のため、風合いに若干の違いが見受けられることがあります。 予めご了承願います。

+++++出会いとおすすめコメント

友人と和食店に訪れた日、1品目の料理を食べようと箸を持ったところ、「この箸とても使いやすい!」と意見が合いました。
思わずご主人に、「どちらのものですか?」と尋ねたら、快く店を教えてくださいました。
しかし、お酒を飲んでいた事もあり、撮った写真はピンボケ。箸の名前も聞き忘れ、ようやく探しに行けたのも1年後・・・記憶をたどりながら執念で見つた箸です。
マイ箸は胡麻竹を使っており、料理教室用には白竹を買いました。
箸先が極細なのが特徴で、料理が取りやすく、豆も容易につかめます。
納豆を混ぜたら折れてしまうのでは?と、初めは恐る恐る粘りを出しましたが、優れた材質の竹を使っているので、強くしなやかだと言う事が実感できました。
その他、軽く持ちやすく、麺がとても食べやすいのもおすすめな点です。
盛り付け箸や、とりわけ箸にも最高です。
2020年7月 小林まさみ
この商品を購入する