「まさる漬け」の予約受付できます!!!

7月下旬から11月頃まで販売予定の季節限定商品です。

<ご予約を頂きました方へ>
商品の発送時期になりましたら、改めてメールをお送りさせて頂きます。


★2020年1月9日:日本テレビ「ヒルナンデス!」にて紹介されました。
★2019年12月号:集英社 Marisol 「美味しいもの BOOK」に掲載されました。

・クラウドファンディング「Makuake」の実績→ https://www.makuake.com/project/masaru-zuke/

まさる漬け®とは?
国産の青唐辛子を醤油ベースの調味液に丸ごと一本漬け込んだ、
シニア料理家・小林まさる考案のオリジナル商品です。


小林まさるが二十歳の頃、北海道の実家の裏庭で母は唐辛子を育てていました。
まさるは夏になると、赤くなる前の青唐辛子をとっては網焼きにしてごはんのおかずや酒のつまみにしていたそうです。
年々たくさん実がなるので、保存がきくようにと醤油などに漬け込んだのが「まさる漬け」の始まりです。
その後、試行錯誤を重ねて現在の味を作り上げました。

作り続けて60年!ご家庭でもぜひ味わっていただきたい。
まさるからのおすそ分けです。




小林まさる

小林まさるプロフィール

1933年、戦前の樺太に生まれ、終戦後に北海道の美唄(びばい)に引き揚げる。
70歳から息子の嫁である料理研究家 小林まさみのアシスタントを務める。
仕事を手伝ううちに料理の腕と明るい人柄が評判になり、78歳でシニア料理家としてデビュー。
雑誌やテレビでレシピを紹介している。家にある材料でササっとつくれる酒の肴が得意。
座右の銘は「涙こぼしても酒こぼすな」

著書:
「まさるのつまみ 簡単!おまたせしません!」主婦の友社
「小林まさるのカンタン!ごはん」KADOKAWA
「小林まさみとまさるの さわやかシニアごはん」文化出版局
「人生は、棚からぼたもち!」東洋経済新報社